kasai-bbc.com

「葛西聖書バプテスト教会」ロゴ
"kasai bible baptist church"ロゴ
TOPページ 信仰箇条 礼拝と集会 週報(説教) 教会案内図 全国の諸教会
【更新情報→説教動画 10月21日0:00

週報(説教).
このページは日曜礼拝の説教内容要約を掲載しております。

礼拝時間のご案内
礼拝は毎週日曜日に行われております。
朝礼拝 10:30〜12:00、午後礼拝 14:00〜15:00
その他の集会は「礼拝と集会」のページにてご確認下さい。どの礼拝と集会にも、はじめての方でもご自由に参加できます。いつでも、どなたでもお気軽にご出席ください。お越しを心よりお待ちしております。


2018年10月21日
▼ 説教要約 [朝礼拝]
(説教要約 更新日 →10月21日 0:00)
  「信仰によって義と認められた結果」 ローマ書5:1〜11 説教者:大木英雄牧師

【今週の聖句】 ルカ 1:37

 神にとって不可能なことは一つもありません。」


__________________________________________________________________________________________________________________________________

[聖句] 使徒の働き3:1〜10

1ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。
2 またキリストによって、いま私たちの立っているこの恵みに信仰によって導き入れられた私たちは、神の栄光を望んで大いに喜んでいます。
3 そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、
4 忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。
5 この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。
6 私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔な者のために死んでくださいました。
7 正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。
8 しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。
9 ですから、今すでにキリストの血によって義と認められた私たちが、彼によって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。
10 もし敵であった私たちが、御子の死によって神と和解させられたのなら、和解させられた私たちが、彼のいのちによって救いにあずかるのは、なおさらのことです。
11 そればかりでなく、私たちのために今や和解を成り立たせてくださった私たちの主イエス・キリストによって、私たちは神を大いに喜んでいるのです。



[説教要約]

ローマ人への手紙の主題は、「信仰によって義と認められる」事です。
「義と認められる」と言うことは「神様から正しいと認められる」と言う意味です。


マルコ 7:22 姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり

人間は全て自己中心です。無意識のうちに嘘をついたり、無意識の内に人を裁いたりします。

マタイ 7:1 さばいてはいけません。さばかれないためです。

人を裁かない人はいないと思います。高ぶり、他の人と比較してその人よりも自分の方が立派だと思ったりします。

このような罪人を、神様は正しいと認めて下さるのです。それは、人間が神様から受ける裁きをキリストが十字架で身代わりとなって死なれたこと、三日目に死人の中からよみがえられた事を信じればよいのです。

ただ福音を信じただけで、神様から正しいと認められるのです。しかし問題は、福音を信じた人の生活が少しも変わらないことです。


(A)生死を左右する問題です。
なぜ福音を信じた人の生活が変わらないのでしょうか。それは信仰を観念的にとらえているのです。キリストが十字架で身代わりとなって死なれたことを認めているだけで、信じていないのです。

信仰は悪魔との戦いです。勝つか負けるかの問題です。
信仰のあるところには多くの実があり、勝利があるのです。


家内が中2の女の子の事で悩んでいました、家内はその子を精神科へ連れて行きカウンセリングを受けました。しかし症状が少しも良くなりません、小児科に連れて行き見てもらい漢方の薬も頂きましたが、少しも良くなりません。

学校へ行ってもクラスの子ともうまくいきません、私も家内の手伝いをしようとしましたが、私は男性ですから優しくすると、私になついても良くないのです。児童相談所に相談しても、いい方法が見つかりません。家内はありとあらゆる方法をやりましたがうまくいきません。児童相談所に返そうとしましたがそれもうまくいきません。私は神さまから「神にとって不可能な事は一つも有りません」という御言葉をいただいて祈り始めました。

しかしいくら祈っても子供の症状は少しも変わりません。祈りはサタンとの戦いです。勝つか負けるかの問題です。無理かなと思えたときも「神にとって不可能な事は一つも有りません」を暗唱して、サタンと戦うのです。家内も考えられる全ての門を叩いたが開かれないので、神さまがやれと言う事かなと平安が来たというのです。

祈りはサタンとの戦いです。「神にとって不可能な事は一つも有りません」を暗唱して祈り続けるのです。 

次に「信仰によって義と認められる」と私達の人生にどんな実が現れるのでしょうか。


ローマ 5:1 ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています

福音を信じる結果、私達に結ばれる実は「神様と平和を持つ事です。」

ローマ 5:10 もし敵であった私たちが、御子の死によって神と和解させられたのなら、和解させられた私たちが、彼のいのちによって救いにあずかるのは、なおさらのことです。

福音を信じない以前は、神様の敵でした。罪人は神様と敵対関係にありました。

罪人が受ける神の裁きをキリストが身代わりとして受けて下さったと信じる者は神様と平和な関係に入れられるのです。神さまと平和な関係に入れられるとはどのようなことでしょうか。

創世記6:513聖書を読む

創世記 6:6 それで主は、地上に人を造ったことを悔やみ、心を痛められた。

神さまが後悔されるようなことがあるのでしょうか。この「悔やみ」とは「息を吐く」という意味です。ここで神さまは息を吐いて悲しんでおられるという意味です。神さまは日本人を見て0.23パーセントしか礼拝に出席していないことを見て、ため息をついて悲しんでおられるのです。

創世記 6:13 そこで、神はノアに仰せられた。「すべての肉なるものの終わりが、わたしの前に来ている。地は、彼らのゆえに、暴虐で満ちているからだ。それで今わたしは、彼らを地とともに滅ぼそうとしている。

神さまは、ご自分で造られた人間を滅ぼそうとしておられるのです。人間の考えでは、例えば学校のクラスの中に2,3人の悪がいて退学になるのであれば、仕方ないと思いますが、全員を退学させることは絶対にないと思っています。しかし神様にとって罪を犯す者は神さまの敵なのです。神さまには例外がないのです。罪人は神さまの敵なので全人類が裁かれるのです。

ローマ 3:10 それは、次のように書いてあるとおりです。「義人はいない。ひとりもいない。全ての人は罪人で神さまの敵なのです。

Tヨハネ 1:7 御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。

イエス・キリストが十字架で流された血によって、私達の罪が赦されるのです。

キリストが十字架で流された血だけが私達の罪を赦すことが出来ると信じる者だけが、神さまから義と認められ、神さまと平和な関係に入れて下さるのです。



(B)ここに道があります。
人間関係に平和がなければ決して幸せにはなれません。夫婦関係もそうです。

夫婦の間でも平和が崩れると絶対に幸せにはなれません。最後には離婚になります。平和のない家庭は家庭ではなく地獄です。それは平和こそ私達を幸せにする鍵だからです。国と国との間でも同じです。戦争になり一番被害を受けるのは子供です。子供は学校へ行けなくなります。

職場でも最も多いトラブルは給料の額ではなく、人間関係のトラブルです。いつも嫌な上司の顔を見て働くのはストレスになります。教会でも同じです。人間関係がぎくしゃくしているとその教会へは行きたくなくなります。平和は人間が生きる上で最も重要なのです。私達は平和のためにあまり努力していません。

「膝をかがめると祝福を拾います。」祝福はいっぱい落ちています。しかし膝をかがめないと祝福を拾うことが出来ません。「ごめんなさい」と謝ってうまくいかないことは1度もありません。

ローマ 5:1 ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。

神さまとの平和が与えられていることを感謝すべきです。

戦国大名の中に高山右近という人がいました。キリシタン大名です。

信長にも秀吉にも家康にも仕えました。戦国大名が手柄を立てると殿様から褒美として領地が与えられます。あるとき秀吉はキリシタン禁止令を出して高山右近に信仰を止めないと領地を取り上げると言われました。戦国大名として領地を取り上げられることは、死活問題なのです。高山右近は信仰を捨てませんでした。そして領地を取り上げられたのです。高山右近は神さまとの平和を第一にしたのです。神さまとの平和があれば神さまが何とかして下さるのです。

Tペテロ 5:7 あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。

神さまが心配して下さるのです。

詩篇 46:1 神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。

神さまが助けて下さるのです。

ルカ 1:37 神にとって不可能なことは一つもありません。」



(C)恵みの現実的な力
多くのクリスチャンは神さまとの平和を喜んでいません。多くのクリスチャンは伝道することは自分には無理だと考えています。貴方が伝道するのではなく私を連れて行って下さればよいのです。私が伝道します。カトリック教会にはこのような伝説があるそうです。ペテロはイエス様を知らないと言ったとき、鶏が3回鳴きました。ですから鶏が鳴くたびに悔い改めている人がいるそうです。

ヘブル 9:12,また、やぎと子牛との血によってではなく、ご自分の血によって、ただ一度、まことの聖所にはいり、永遠の贖いを成し遂げられたのです。

「永遠の贖い」キリストを信じる前の罪、信じた後の罪を永遠に赦してくださるのです。

神さまとの平和を感謝しましょう。そして神さまが正しいと認めてくださることを喜びましょう。そして「神の取って不可能な事は一つも有りません」を暗唱して祈りましょう。

説教者:大木英雄牧師



▼ 説教動画 【10月21日 午前礼拝(動画更新日10月--日--:00)
  「信仰によって義と認められた結果」説教者:大木英雄牧師
 ■ Media Playerでダウンロード --MB(再生時間--分--秒)
 ※今週の説教動画は都合により更新されません。
 
説教動画 【--月--日 午後礼拝】 (動画更新日--月--日--:00)
  「---」 説教:-- -- 牧師
 ■ Media Playerでダウンロード ---MB(再生時間--分--秒)


【※説教動画は基本的に毎週月曜日更新となります】
※映像をご覧いただくためには視聴ソフト(無料)が必要です。
  左のロゴマークからダウンロードサイト(無料)にアクセスできます。


▼教会NEWS
●高田牧師は一身上の都合で退任され、大木英雄牧師が新たに就任されました。
詳しくは「牧師紹介」をご覧下さい。
●水曜と木曜集会は当分お休みです。
●健康の優れぬ方々のため、続けて祈りましょう。
○午後礼拝 2時〜3時


▼ 説教動画 【10月14日 午前礼拝
  「計り知れない神様の恵み」 【説教者:田村成幸師】
 ■ Media Playerでダウンロード 148MB(再生時間58分22秒)-------------------------


▼ 説教動画 【10月7日 午前礼拝
  「アブラハムの信仰」 【説教者:大木英雄師】
 ■ Media Playerでダウンロード 98MB(再生時間39分29秒)-------------------------


▼ 説教動画 【09月30日 午前礼拝
  「むなしい誇りと真の従順」 【説教者:大木英雄師】
 ■ Media Playerでダウンロード 117MB(再生時間48分51秒)-------------------------


▼ 説教動画 【09月23日 午前礼拝
  「自分を良い人と思っている人」 【説教者:大木英雄師】
 ■ Media Playerでダウンロード 120MB(再生時間47分05秒)-------------------------


▼ 説教動画 【09月16日 午前礼拝
  「福音宣教への情熱」 【説教者:大木英雄師】
 ■ Media Playerでダウンロード 120MB(再生時間46分57秒)-------------------------


▼ 説教動画 【09月09日 午前礼拝
  「総まとめ」 【説教者:大木英雄師】
 ■ Media Playerでダウンロード 120MB(再生時間47分00秒)-------------------------


2018年09月&10月の週報
週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式 週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式
09月30日 むなしい誇りと真の従順  word 10月21日 信仰によって義と認められた結果  word
09月23日 自分を良い人と思っている人  word 10月14日 計り知れない神様の恵み  word
09月16日 福音宣教への情熱  word 10月07日 アブラハムの信仰  word
09月09日 総まとめ  word      
09月02日 最後の言葉   word
※週報はPDFファイルをダウンロードしてご覧下さい。
 PDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要です。


2018年07月&08月の週報
週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式 週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式
07月29日 希望から希望へ  word 08月26日 キリストにある同労者達  word
07月22日 キリスト者の自由  word 08月19日 選択 -アブラハム編A-  word
07月15日 教会内の調和を求めてA  word 08月12日 執筆の目的  word
07月08日 あなたは天国へ行けますか?  word 08月05日 パウロの将来の計画  word
07月01日 教会内の調和を求めて@  word


2018年05月&06月の週報
週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式 週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式
05月27日 愛の勧め@  word 06月24日 二重国籍者への勧めA  word
05月20日 謙遜の勧め  word 06月17日 二重国籍者への勧め@  word
05月13日 献身の勧めA  word 06月10日 愛の勧めB  word
05月06日 献身の勧め@  word 06月03日 愛の勧めA  word


2018年03月&04月の週報
週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式 週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式
03月25日 十字架上でのキリストの祈り  word 04月29日 拒否の解決B:イスラエルの救い  word
03月18日 拒否の理由A  word 04月22日 拒否の解決A:異邦人の救い  word
03月11日 拒否の理由@  word 04月15日 拒否の解決@  word
03月04日 現在の苦難A  word 04月08日 拒否の理由B:2つの誤解  word
04月01日 死は終わりではない  word


2018年01月&02月の週報
週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式 週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式
01月28日 現在の苦難A  word 02月25日 神の主権  word
01月21日 現在の苦難@  word 02月18日 拒否の現実@ イスラエルの7つの特権  word
01月14日 聖化の力”聖霊”B  word 02月11日 確信と賛美の歌  word
01月07日 喜びに満ちた生活A  word 02月04日 将来の栄光(摂理)  word


2017年11月&12月の週報
週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式 週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式
11月26日 クリスチャン  word 12月31日 喜びに満ちた生活@  word
11月19日 律法からの解放A  word 12月24日 神様はあなたを愛しておられます  word
11月12日 心の闇に光を  word 12月17日 愛のメッセージ  word
11月05日 律法からの解放@  word 12月10日 聖化の力”聖霊”A  word
12月03日 聖化の力”聖霊”@  word


2017年09月&10月の週報
週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式 週報 adobe pdf 方式へリンク 別形式
09月24日 義認の喜び(1)  word 10月29日 キリストの奴隷  word
09月17日 心の羅針盤 -バベルの塔編-  word 10月22日 聖化の土台(キリストとの一体化)  word
09月10日 アブラハムと義認(2)  word 10月15日 アダムとキリスト  word
09月03日 アブラハムと義認(1)  word 10月08日 人生の賭け -アブラハム編@-  word
10月01日 義認の喜び(2)  word
※説教内容のラジカセテープ、ビデオテープございます。お気軽にお申し付け下さい。


聖書通読表 
毎日のデボーションに用いましょう。


お問合せ先
大木牧師へ直通メール
大木牧師携帯 090-9132-6076
ホームページ管理者へメール
TEL&FAX 03-3675-0054
※教会、聖書に関するご質問、又、ご不明な点は遠慮なく牧師にご相談下さい。



はじめての方へ | 牧師紹介 | 教会ギャラリー | 教会学校 | 聖書勉強会 | 聖書通読表 | 聖書の話
教会カレンダー | 講演会と特別集会
TOPページ 信仰箇条 礼拝と集会 週報(説教) 教会案内図 全国の諸教会
葛西聖書バプテスト教会
〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-26-1 
TEL&FAX 03-3675-0054
牧師 大木 英雄